人気の海外FXの業者を選ぶポイント

海外FXといえば国内と違って様々な魅力がありますが、トレードスタイルを考えて使いやすいサービスを探さないと失敗することもあります。FXでチェックすべき項目はやはり業者の実績や取り扱い銘柄などで、国内の業者よりもスプレッドが広く口座別の特徴を確かめて決めることが重要です。口座タイプは基本的にSTPとECNの2つの種類があり、スプレッドの広さや取引手数料の有無が異なります。スプレッドとは売値と買値の価格差を示す数値であり、言い換えれば取引コストになります。海外の業者は新規口座開設や入金などでボーナスを付与することで利用者を増やす傾向がありますが、利潤を得る方法としてスプレッドや取引手数料を高くする傾向が強いです。海外の業者の注文方式はNDD方式のため、約定拒否がなくスピードも早くスキャルピングをするために向いています。

FXはただ単に国内の業者だけでは最大レバレッジが25倍と物足りないことや、天変地異や経済指標発表などで急激な価格変動が起きて口座残高がマイナスになれば追証として損失分を請求されます。しかし、海外の業者は追証なしのゼロカットシステムを採用して入金額以上の損失を防げ、なおかつ高いレバレッジをかければ必要証拠金を減らせて便利です。ただし、海外の業者は日本語サポートで公式ホームページやメール、電話、チャットのすべてに対応していないと不安になり、なおかつ信託保全がないと倒産すると預けた資金を失うこともあります。高いレバレッジの取引は一獲千金を狙えますがロスカットされてしまうと思わぬ損をすることもあり、ラインが低くなるように決めることが大事です。

人気の海外FXの業者を選ぶポイントはただ単に知名度やスプレッドの低さだけでなく、運営実績や資金管理の方法、日本語サポートの品質、取引通貨ペア数などを比較して決めることです。基本的に、取引方式はNDD方式のためリクオートが起きることはほぼありませんが、スプレッドが広がるタイミングもありなるべく避けないと損をすることもあります。FXは国内の業者だけでは一獲千金を狙うことは難しく、最近ではレバレッジを10倍に引き下げるなど敷居が上がることが予想されています。海外の業者はボーナスが豪華で、元手にして試しにトレードをすることも可能です。口座開設は名前とメールアドレスだけでできて便利ですが、出金をする際には身分証明書が必要でなおかつ仕組みを把握する必要があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です