世界のスタンダードに!仮想通貨の将来

仮想通貨がここまで多くの注目を集めているのは、それだけ将来性や成長性が期待できるということを物語っているのではないでしょうか。現時点では、まだまだ「広く出回っている」ということは言えませんが、着実に浸透しつつあるということがわかります。ややもすれば、「怪しい」や「危険で怖い」などというイメージばかりが先行していますが、決してそんなことはありません。現に、世界中の多くの国において、仮想通貨を決済手段にするというケースも増えてきています。
仮想通貨の人気の高まりについては、メディアなどにおける取り上げ方を見れば、一目瞭然といえるのではないでしょうか。とりわけ、ネット上では特集などを組んで扱われるケースも少なくありません。ランキングサイトをはじめ、口コミや評判などをまとめて取り扱うサイトも増加の一途をたどります。長きにわたって仮想通貨や暗号資産に注目してきた人は別としても、「仮想通貨といえば、ビットコイン」というイメージを持つ人も多いといえるでしょう。実は他にも魅了溢れるコインは多数ありますが、人気と知名度で一線を画するのがビットコインなのです。多少、仮想通貨を知っている人でも、せいぜいビットコイン以外では、イーサリアムやリップルといった代表格の銘柄しか思い浮かばないでしょう。
イーサリアムやリップルは、時価総額ランキングでも常に上位にあることを考えれば、当然の結果ともいうことができます。先述した通りに、まだまだネガティブなイメージを持つ仮想通貨がここまでの話題を呼んでいるのも、「ビットコイン」や「リップル」などのかわいらしいネーミングもさることながら、なんとも独特なロゴマークの存在も人気の原動力といえるのではないでしょうか。「ロゴマークがきっかけで好きになった」という人もいるほどです。
ドルや円に代表されるように、通貨の重要性は取り立てて説明することもありません。ここまでアメリカが超大国の地位を築けたのも、ドルという通貨の優位性があったことも否定できません。ここにきて、中国はデジタル通貨の開発に注力を見せています。「デジタル人民元」を世界の基軸通貨にしようと躍起になっています。これも通貨での優位性を持ちたいというのが根底です。この流れは仮想通貨の台頭がもたらした影響の一つといえるかもしれません。基軸通貨の役割を果たすためには、まだまだ改善しなければならないことも多いですが、仮想通貨への期待が増すのは当然です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です