テクニカル分析指標は仮想通貨の短期トレードやレバレッジ取引に重要なツール

仮想通貨のトレードでは、相場の動きを予測するツールとして、多様なテクニカル分析指標があります。
現物買いで中長期保有を考えている場合には、テクニカル分析の必要性はそれほどありません。
長期的な視点で価格は必ず上昇するという期待で購入するからです。
しかし、短期トレードや仮想通貨FX(レバレッジ取引)では、テクニカル分析を主体にしたトレードを行うことが多いです。
仮想通貨FXの場合は、購入と売却の両方からトレードを始めることができるため、相場の上下変動を予測することは非常に重要です。
テクニカル分析指標は多くの種類が存在し、それぞれに特徴があります。
例えば、移動平均線は最も利用頻度が高い代表的な分析指標です。
過去の価格を平均化したものが移動平均線であり、トレンドを把握するのに便利です。
RSIのように、相場が買い状態か売り状態かの過熱度を測る指標もあります。
どちらか一方に過熱感がある相場では、今後トレンドが変わる可能性があり、その目安時点を判断するツールとして利用されます。
ストキャスティクスやMACDも、RSIと同じ種類の分析指標としてよく利用されます。
ボリンジャーバンドのような価格の変動幅を予測できる分析指標もあります。
これ以外にも実に多くの指標があり、どれを選択するかはトレーダーによって違いがあります。
1種類の分析指標よりも、複数の分析指標を使う方がより正確な予測が可能です。
複数の分析指標が同じ方向性を示していれば、高い確率でその方向に相場が動く可能性があります。
但し、多くの分析使用を駆使することはハードルが高く、特に初心者にとっては難しい面があります。
いくつかの代表的なテクニカル分析指標を選んで、それを利用しながら自分に合うものを取捨選択していくことが大切です。
中長期投資の場合であれば、一時的な分析よりも、長い時期を見越した相場分析が必要になります。
そのため、短期的な上下変動ではなく、大きな流れを予測することが重要です。
仮想通貨に関連した様々なニュースや出来事によって、相場は急激に変化することがあります。
このような価格に影響を及ぼす要素は、投資においては非常に重要です。
各通貨の機能変更、ハードフォーク、半減期など、価格変動に大きく関連する可能性のある予定をしっかり事前に把握しておくことが大切です。
また、新しい取引所に通貨が上昇した際も、多くのトレーダーから注目を集めて価格が上昇する場合があります。
仮想通貨関連のサイトでは、このような情報をニュース形式で掲載しているものもあるため、利用すれば参考になります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です